大人ニキビ

ラニズが開発している美容化粧品で毎日お肌の手入れを行い、大人ニキビのない美しい素肌に。

紫外線対策なくして、美肌は生まれず


【紫外線は徹底して防ぐ】 

紫外線虹.jpg一年中、太陽光線の一部である、紫外線をあびている私たち。

紫外線は美肌の大敵。だからこそ、紫外線とは上手に付き合いたいもの。
紫外線は、肌に日焼けというダメージを与えるだけでなく、シミ、ソバカス、乾燥、ゴワつき、くすみまでも引き起こすから、要注意です。
日頃からの紫外線対策はマストですが、春から夏にかけては最も強い紫外線が降り注ぐ季節。
8月は紫外線のピークと言われています。
例え、ほんのわずかな時間でも外に出ることがあれば紫外線対策をしっかり行なってください。
そして、できれば家にいるときも。
ある日、肌の表面になんだかうっすらとしたものが・・・なんてことにならないように。

肌が乾燥しがちな夏。がさがさの肌にならないために保湿をしっかり行って、快適肌に。
紫外線対策&美白ケアを徹底、なめらか肌をキープしたいものです。

                      
【二種類の紫外線を防ぐことが大切!】

紫外線は波長の長さによって、三種類にわけられるのをご存知でしょうか? 
実際に地表に届く=私たちの肌に届くのは二種類。
それは紫外線A波と紫外線B波。紫外線C波は地表には届きません。みなさんに、なじみのある言葉に言い換えると「UV―A」、「UV-B」となります。

ここでちょっとお勉強しましょう。
UV-Aは長波長で「生活紫外線」とも呼ばれ、肌の真皮まで、深く入り込んでいきます。
雲もガラスもカーテンも透過。季節に関係なく降り注ぎます。
この紫外線をあびてしまうと、シミ・ソバカスといった色素沈着、
肌の老化を引き起こす原因になりかねません。

一方、UV-Bは、中波長で肌の表面に強く作用する紫外線です。
肌の表皮の中にある角質層まで侵入。
たくさん浴びると炎症を起こしてしまいます。
これが一般的に言う、日焼けによる炎症なのです。
UV-Aは短時間で肌が黒くなり、反対にUV-Bは肌が赤くなったあと、数日たってから黒くなるのが特徴です。

紫外線対策として、メイク前に取り入れる、紫外線防止剤・UV下地に表記される「SPF値」「PA」
この意味をしっかり理解して、自分のライフスタイルに合わせて紫外線対策、UV下地を選びましょう。

SPF値とは、紫外線B波=「UV-Bを防ぐ数値」のこと。
生活スタイルに合わせて、SPF値は選びたいものです。
お買い物や通勤といった、日常生活に対応させるなら
SPF20~30ぐらいがおすすめ。
紫外線の強い場所・リゾート地でのレジャー、スポーツ観戦などにはSPF50がおすすめです。
「PA」とは、「紫外線A波を防ぐ数値」のことで、
+、++、+++と、プラスの数が増えることに防御力が高まるのです。

また、紫外線防止剤には「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2タイプがあります。
肌を刺激することも、なきにしもあらず。
紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して肌に紫外線の作用が届かないよう防御。
もうひとつの紫外線散乱剤は、肌の上で紫外線を乱反射させて、
紫外線が肌に浸入しないよう働きます。
こちらのほうが、肌にやさしいという見解もあり。

これらの情報をもとに、紫外線対策をしっかり行い、ダメージを受けないよう心がけましょう。

【シミの大敵はストレス?】

女性の体がストレスを受けてホルモンバランスをくずしてしまった時に紫外線をあびると、シミができやすくなるとも言われています。
ストレスはあなたの心だけでく肌にも悪影響をおよぼします。ご注意を。

私はイライラで絶不調になったとき、自宅にいる場合はシャワーを浴び、メイクをして出かけることにしています。
頭の中がカッカしていると、例え部屋を冷やしていても、暑さを感じることはありませんか?
そんなときは、メーク時に首の後ろやデコルテを冷やしたり、
脇の下にデオドラントスプレーをしたりとクールダウンに努めましょう。

ストレスがなくても、メークをする際に暑いと感じたら、
顔まわりをちょっと
冷やしてもいいかもしれませんよ。
化粧水を冷蔵庫で冷やしておくのもおすすめです。
乳液やクリームは
NGですよ。あくまでも化粧水を。