大人ニキビ

ラニズが開発している美容化粧品で毎日お肌の手入れを行い、大人ニキビのない美しい素肌に。

女性ホルモンと肌の関係


女性ホルモン.jpgホルモンは、体内の状態を一定に保つ働きをしているものです。
大脳にある『視床下部』というところが、各種のホルモン分泌をコントロールし、血液の流れにのって内臓や組織へ到達し、内臓や組織の働きを促進したり抑制したりしています。

また、その『視床下部』では自律神経系や免疫系もつかさどっているため、ホルモン分泌のバランスが乱れると、自律神経にも影響を及ぼし、全身に不調が出てきたり女性が悩んだりするトラブルを引き起こしたりするのです。
ここでは、女性の体に関係の深い女性ホルモンの分泌のメカニズムと肌との関係について述べます。

脳にある『下垂体』というところから性腺刺激ホルモンが分泌されますが、その刺激ホルモンには卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンという2種類があります。

卵胞刺激ホルモンは、卵巣に働きかけて原始卵胞を成熟させて、女性ホルモンの1つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を促します。

また黄体形成ホルモンは、卵胞刺激ホルモンと組んで排卵を手助けしています。排卵時に黄体形成ホルモンの分泌はピークになり、排卵後には卵子を排出した卵胞を黄体に変えるように促します。

このときに分泌されるのがもう1つの女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

エストロゲンは、子宮内膜を増殖させて月経をおこしたり、排卵前には子宮頸管の分泌液を増やし、精子が子宮の中に入りやすいように手助けします。
またエストロゲンには女性の健康を守る働きもあります。コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防いでいるのもそのひとつです。

骨にカルシウムを蓄えるのもエストロゲンの役目で、閉経後、骨粗鬆症や動脈硬化が増えてくるのは、卵巣機能の衰えに伴ってエストロゲンが減少してくるからです。

また、プロゲステロンは、子宮内膜に受精卵が着床しやすいように働きかけ、妊娠をサポートします。受精卵が着床して妊娠が成立すると、胎盤が完全に出来上がるまでプロゲステロンの分泌は続き、子宮の状態は一定に保たれます。
しかし、妊娠が成立しなかった場合は、約2週間後にプロゲステロンの分泌はとまり、不要になった子宮内膜は月経血となり排出されます。

つまり女性ホルモンの分泌と月経周期の関係を見てみれば、まず生理から排卵期までは卵胞ホルモン(エストロゲン)が多く分泌され、排卵後から生理がくるまでは黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されるということになります。

生理の前になると肌が荒れたり、ニキビができたりすることがあると思いますが、これは、プロゲステロンに皮脂の分泌やメラニンの生成を活発にする働きがあるためです。

生理前は肌のトラブルが起こりやすく、抵抗力が衰えているので、しっかりと保湿ケアをして乾燥や紫外線には十分気をつけるようにししてください。

逆に、エストロゲンの分泌が増える生理後1週間くらいから排卵前までの時期は、肌の調子がよくなります。エストロゲンは皮膚にかかわるほとんどの細胞を活性化させる働きや、肌の潤いを保ったり、コラーゲンの再生能力を高めてくれる働きがあるためです。
そのためスキンケアの効果もあがり、肌のハリやツヤが出てメイクのノリもよくなります。

月経のリズムとホルモンの分泌の変化、肌の変化を簡単に見てみましょう。

>>1週目《月経がはじまった週》
エストロゲン↓、プロゲステロン↓
肌が敏感になって、かぶれや湿疹なども多くなります。
>>2週目《排卵前の週》
エストロゲン↑
肌にハリとツヤが出てメイクのノリがよくなります。
>>3週目《排卵後の週》
プロゲステロン↑
皮脂の分泌が高まるので、不規則な生活をしていると4週目に肌トラブルがおこる原因になります。
>>4週目《月経前の週》
エストロゲン↓、プロゲステロン↓(ただしプロゲステロンの影響 大)
肌が敏感になり、化粧かぶれなどを起こしやすくなります。ニキビもできやすいです。

以上述べたように、女性のからだは卵胞ホルモン黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンにコントロールされています。
肉体的あるいは精神的ストレスや環境の変化などにより、脳が影響を受けるとホルモンのコントロールにも影響があらわれ、ホルモンバランスの崩れから肌荒れやニキビなどができたりしてしまうのです。

自分の体のリズムに気をつけながら自己管理をし、また自分にあったスキンケアで美肌を目指しましょう。

薬剤師
榊原 あやこ
略歴
平成11年 名古屋市立大学薬学部薬学科卒業
平成11年4月 マルミ薬局入社  調剤部門にて5年間勤務
(主に内科、整形外科、皮膚科、歯科の院外処方箋を取り扱う)
平成16年10月 若松調剤薬局入社