大人ニキビ

ラニズが開発している美容化粧品で毎日お肌の手入れを行い、大人ニキビのない美しい素肌に。

冷えについての考察

yaku_hienokousatu.jpg●序文

冬は自然の寒さで、夏はクーラーで、文明社会は新たな病気を作り上げました。多くの女性と最近では男性まで困っているのが、いわゆる冷え症です。
手足の冷えはとてもつらく、ひどい場合には神経痛などの二次症状が起こります。
今回は、冷えを漢方的に解釈し、その原因と対策について考えていきます。

●冷えのイマドキの解釈

冷え症は一般に、上記のような手足などの末端における局所症状が特徴です。
現代医学的に考えれば、手足を冷やすことにより血管が収縮し、その為に血流が悪くなり、更に冷える、この状態が慢性的に起きているのが冷え症であるといえます。
ここで問題なのは、誰もが、この悪循環に入るとは限らないという事実です。個人差というのであれば、何が、その差であるのかを考えてみれば、それが冷え症への処方せんとなるのでは、と考えます。

●冷えの状態を漢方で解釈する

漢方における冷えに対する認識は、少し違います。正しい漢方薬の選択の為に、冷えに対してその状態が細かく定義されています。例えば、手の冷えについても、手の先と手の甲と手の平の冷えは原因が違うものとされています。また、体温が低い状態、つまり、平熱が35℃台のような状態も冷えの一種ですし、他にも風邪やインフルエンザなどにかかりやすい抵抗力が落ちていることなども「冷えている」状態といいます。このように、漢方では冷えの定義が広いのです。

●核心:冷えの原因は臓器の機能低下

ズバリ、冷えというものは臓器の機能低下が原因です。各臓器は単純に言うと、
心臓は、全身の血流を維持し、血圧を維持します。
肺臓は、毛穴の開閉を担当し、体温を調節します。
肝臓は、循環血液量を調節し、血流を身体の隅々にまで送るようにします。
腎臓は、代謝を調節し、体温を維持します。
脾臓は、食物を消化し、エネルギーに変換します。
などの働きにより、人体を温かく保ってくれます。つまり、この五臓の働きがどれか損なわれると、イマドキの冷え症を含めた様々な、「冷えた」病気になってしまうわけです。
例えば、手足の冷えのある方は、同時に月経異常やPMSなどの婦人科疾患に困っている場合が多いのですが、漢方的には同じ原因になるわけです。ですから、薬も一つで両方同時に治療できます。低体温とむくみも同じです。腎臓の機能低下は体温の低下と同時に水分代謝も低下します。ですから、腎臓の機能を高める薬で同時に治療できるわけです。これを「異病同治」(いびょうどうち)といいます。漢方の真髄です。

●五臓の機能低下の原因と対策

では、何が臓器の機能低下を起こすのでしょうか?それは食事や睡眠を含めた生活習慣と、仕事などによるストレスです。
漢方では身体は疲れると冷えるとされています。また、疲れが原因で身体が損なわれ、それが重なると労となるといいます。つまり、疲れによる病気は長い時間をかけて成り立つとなっています。冷えは、生活習慣病の一種です。

食事について
生野菜や生の果物や生魚などの生食を控え、根菜類などの土から生まれた野菜を基本にし、氣を産む米食をお勧めします。また、便通が良くなるからと牛乳やヨーグルトなども内臓を冷やしますので、控えるようにして下さい。水分の摂りすぎも胃腸と腎臓の力を消耗しますので、控えて下さい。確かな五臓の力を手に入れることができます。

睡眠について
午前0時までに睡眠に入ることが基本です。朝起きましたら、カーテンを開けて日光を全身で浴び、窓を開けて新鮮な空気を部屋に入れましょう。身も心もスッキリして、1日を気持ちよく過ごす事が出来ます。これで、毎日疲れなくなります

他には
現在、冷え症に苦しんでおられる方は、特に、腰の少しだけ上に腎臓がありますが、そこにもホッカイロを左右に一つずつ貼ってみましょう。腎臓は代謝の要です。全身が温まります。また、足首を温めるようにして下さい。足首には臓器に向かって上がっていく重要な経絡という氣の道路が多く走っています。足首の内側にホッカイロを貼ってみましょう。生理時には、おへその下と上記の二カ所を温めると楽になります。

冷え症は、あなたが頑張って生きている証なのかも知れません。もう少しだけ、ご自分を大事になさってみてはいかがでしょうか。

img_koyama.jpg薬剤師
小山 恵司