大人ニキビ

大人ニキビ、肌荒れやニキビを予防する化粧品。ラニズ

肌の手入れ

肌の手入れ、ニキビ肌でお悩みの方におすすめのクレンジング化粧品を揃えています。大人ニキビ予防のラニズ

お役立ちコラム

Doctor's column ~ピーリングとニキビ予防~

医療機関でのピーリングと歴史

ピーリングという行為は、ニキビ治療の一環として医療機関で行われています。
ケミカルピーリングと呼ばれ、患者の症状に合わせて酸の濃度が決められます。
医療機関で行われるピーリングの一般的な濃度は5%~30%くらいとされていますが、原液を肌に直接塗布するために一時的に赤くなったり、ピリピリとした刺激を感じたりすることがよくあるようです。
ニキビ治療やニキビ跡の色素沈着にたいへん有効とされるケミカルピーリングですが、効果は高いけれど、一時的な皮膚状態の悪化や経済的リスクなどのデメリットも大きいものとされています。
現在ではその安全性を重視して、作用の強い酸は使われることも少なくなったようですが、ひと昔前まではフェノールやトリクロロ酢酸などを使用して一時的にかさぶたが出来、まさしく皮膚をごっそりとピーリング=剥がすという行為がアメリカを中心にブームになっていました。
1990年代に入り、日本でもようやく厚生省に認可されピーリングという行為が盛んになってきたのです。

グリコール酸とは

ピーリングに使用される酸にはいくつか種類があります。
上記の刺激性の強い酸以外にも、乳酸・サリチル酸・フルーツ酸(リンゴ酸・クエン酸・発酵酸)などがあげられます。
ラニズのピーリング石鹸にはグリコール酸を採用しています。グリコール酸を選んだわけには以下のような理由があります。

・ もともと人間の体内に存在する毒性の無い物質でありアレルギー性も無い
・ 分子量が小さく浸透性に優れる
・ コラーゲンやエラスチンの産生を促進しハリやたるみを解消する
・ メラニンの生成を抑え、過剰になったメラニンを排除する
・ 効果に対して刺激性が穏やかであり、かさぶたなどになることは無い

ニキビ予防や改善に一番重要なこと、それは「安全で効果的であること」です。
強い酸を使用して一時的にかさぶたを作って新しい皮膚が出来るのを待つという行為は無謀な行為であり、身体的精神的にもダメージを深く与えます。
グリコール酸には安全性はもちろんのこと、その二次的な作用にもおおいに期待できるものであるといえるのです。

ニキビ予防対策

ニキビの出来やすい肌の人は、毛穴の詰まりやすい肌質だといえます。
毛穴がつまりやすいということは、何かしらの理由により肌のターンオーバーが乱れ、正常な代謝が行われずに目詰まりを起こしてしまうということです。
出口の塞がってしまった毛穴からは汗や皮脂が上手く排出されずニキビの原因となってしまうのです。

もともとの肌質に大きく関与するところもありますが、それを改善することは可能です。
それがピーリングなのです。
医療機関で行うピーリングに比べ、ピーリング石鹸によるものは自宅で気軽に行えます。

原液を直接肌に塗布するのとは違いその作用はマイルドなため、ごく自然なターンオーバーの作用として働きます。
ニキビ肌の人はそのごく自然なターンオーバーが出来ていない為に毛穴が詰まりやすくなるわけなので、ピーリング石鹸を用いて自然なターンオーバーの手助けをしてあげることがニキビ予防や改善にとても有効だといえるのです。

ニキビ肌だけでなくとも、加齢と共にターンオーバーの乱れが生じるのは当然のことです。
現代社会では環境要因から(特に紫外線や大気汚染)通常28日のサイクルといわれているターンオーバーが実に年齢の2倍~3倍かかっているともいわれています。
20歳でさえ40日、40歳では80日以上という3ヶ月に一度しか新しい皮膚が生まれてこないという理論です。
これでは毛穴詰まりも決して珍しい現象ではありませんね。

ニキビが出来るからといって、必ずしも脂性の肌質だというわけでは決してありません。
保湿はきちんと出来ていますか?本当は乾燥していませんか?
大人のニキビの原因は、間違ったお手入れから乾燥しているにも関わらず自分は脂性だと思い込み、脂を取るケアばかりを行っている人が少なくありません。
油分を取りすぎると、細胞は逆に「潤いがない!脂が足りない!!」と察知し、どんどん脂を出そうと必死に頑張りその結果角質を厚くします。油分を取りすぎる行為はかえって逆効果なのです。

若いときにニキビに悩まされた脂性肌の人が30代、40代以降になっても同じ年代の人と比べて若く見られるのはなぜでしょうか。
それには「脂」が大きく関与しています。
しわの原因はまさしく乾燥ですが、脂性に傾いている肌の人はもともと乾燥しにくい肌質のはずなので、しわが出来にくいといえます。
いつまでも若く見られるのはしわの無い肌を保てるからです。
ニキビが出来やすいと嘆いている人も、歳を重ねれば決して悪いことばかりではない、かえって徳をする事が多くなるということを忘れないでください。

脂性だと勘違いして油分を取ってばかりの人は、それを止めて保湿重視のケアに目を向けましょう。
あぶらとり紙で油分を軽く取ったあとは、ローションでスプレーするなどのケアをひと手間加えてみてください。脂が出にくくなるはずです。

ピーリング石鹸を使用したあとは、不要な角質が取れて今までより少し敏感になることもあります。ビタミンC誘導体でのケアを重視して、紫外線対策を怠ることのないようケアをしてください。
2ヶ月かかっていたターンオーバーが正常の1ヶ月サイクルになれば、自然にニキビから開放されることになるでしょう。
簡単で安全なグリコール酸ピーリング石鹸を使用して、毛穴のつまりにくい肌質へと整えましょう。そこからニキビ改善への道が開かれることでしょう。

大人にきびの原因は肌の汚れ

歳をとると現れる大人にきび・しわ・たるみを予防

大人にきびや毛穴の黒ずみなどの肌トラブル

ターンオーバーを正常化して大人にきびを予防

大人にきび予防にビタミンE

ストレス知らずの肌、大人にきび予防

お肌をきれいに保つ秘訣はニキビ予防から

肌トラブル・大人にきびにお悩みの方へ

肌の炎症を抑制し、大人にきびの発生をおさえる

大人にきび跡でもう悩まない