大人ニキビ

ラニズが開発している美容化粧品で毎日お肌の手入れを行い、大人ニキビのない美しい素肌に。

クレンジング&洗顔

肌がごわごわしてメイクのノリが良くありません。

お肌がざらざらする、ごわごわするなどの場合は肌表面に「不要な角質が溜まっている」という場合が考えられます。
正常なターンオーバー(角質代謝)が行われないと、ニキビが出来やすくなったり、見た目の乾燥を感じたりしてメイクのノリもよくありません。
年齢と共に遅くなるターンオーバー機能を促進するためには「軽いピーリング」をお勧めします。

ドラッグストアでクレンジングオイルを購入し使ってみたら、肌がガサガサに乾燥してしまいました。 クレンジングオイルは油分を取りすぎるのでしょうか。

「オイルクレンジング=油分を取りすぎる」と、一部の美容家やマスコミが書きたてていますが、決してそうばかりとはいえません。
確かにオイルクレンジングはミルクやジェルタイプに比べると、界面活性剤が多く配合されています。
しかし、界面活性剤とひとことで言っても肌に穏やかなものからそうでないものまで多くの種類が存在します。
ミルクやジェルタイプが「肌に優しい」と言っても、確実にメイクや毛穴の汚れがしっかり落ちるのはやはりオイルタイプのものだといえます。
風潮に惑わされず「肌に優しく、毛穴の汚れまでしっかりと落ちるもの」を選ばれると良いと思います。

敏感肌で皮膚が薄いのですが、ニキビが出来やすいので病院で
ピーリングをしようと思っています。

皮膚が薄いと外的なダメージを受けやすく、トラブルも起こりやすい肌質だといえます。
病院で受けるピーリングは、角質層のある程度の深さまで剥がすことを目的として行われるため、濃度や放置時間によっては必要な角質まで剥がれてしまう可能性があります。
皮膚の薄い方や敏感肌の人で、どうしてもピーリングのしたい場合は、部分的にピーリング石鹸を使用した泡パックを行ってみてはいかがでしょうか。
病院で受けるよりもはるかにダメージが少なく、また部分的に行うことが出来るため適した方法だといえます。

クレンジングでマッサージをしてはいけないのですか?

クレンジングはどんなタイプのものでも、決してマッサージをするためのものではありません。
マッサージをされるなら、必ず専用のものを使用されることをお勧めします。
【いかに素早く汚れとなじんで落としきるか】がクレンジングの役割です。
ポイントメイクの落としにくいクレンジング剤であれば、必ず専用のリムーバーと併用してください。